2009年08月05日

暑中お見舞い申し上げます

2009_0625花0906250003.JPG今年は8月に入ってからの梅雨明けでしたが、暑く不快指数の高い気候は例年通りです。皆様、お元気にお過ごしのことと思います。今回は、卓上に置く夏用アレンジのご注文でしたが、不快さを静め、初秋になっても楽しんで頂ける様、少しシックな落ち着いた色でまとめました。ワイングラスに入っているのは、ガラスストーンで、ドイツ製のものです。よく花屋の店先で、ビー玉を花器に入れ花が飾られているのを見かけますが、それに比べたら、上品な趣がしませんか?


posted by hana-ai at 16:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | 夏のアレンジメント
この記事へのコメント
さわやかな中にも気品が感じられて、素敵ですね。
写真では分かりにくいのですが、カラーとバラの向こうにあるのは、ハスの実ですか?
ガラスの石を花止めにするのですか。
難しそう・・・・だけど、気になるアレンジです!
Posted by はるみ at 2009年08月17日 21:53
いつもコメントありがとうございます。これは、ガラスの石をグラスに入れてから、お花をさしています。茎を長めに切って入れていますが、ガラスが細かいため、上手く固定されるているのだと思います。昔、同じようなスタイルで、大きな石を使用した時は、花が安定せず苦労しました。その時は、中心にオアシスをセットし、オアシスが見えないように周囲を石で囲んで、アレンジしました。あと、カラーとバラ以外の花ですが、これは、生花にもある蘭の一種「バンダ」です。夏になると、花屋で見かけることがあります。生花のアレンジでも、個性的ながら使いやすく、日持ちの良いお花で、お薦めです。
Posted by はな愛子 at 2009年08月19日 21:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。